時の色(復活編)

20210720朝顔   アーカイブに戻る



2021年7月20日


朝顔 管理&手入れ


6月11日


プランターに定植



7月20日 


開花中



朝顔を植える目的は色々あると思います


例えば グリーンカーテンにしたいとか


一鉢で行燈作りにしたいとか


カラフルな色を色々咲かせて楽しみたいとか


私の場合は畳を立てた広さの柵に這わせて


晩秋までズット楽しむのが目的です


そこで 私の場合の管理テクニックを記載してみました



朝顔の綺麗を長期間楽しむには それなりの管理が必要



@ 成長点の芽先は 定期的に摘み取る


   柵の上部まで早く到達させたいのは山々ではあるが 

   

   その後はグチャグチャに成りやすいのでかなり早い時点から   

   芽先の摘み取りを行なう(3〜5節目)


   芽を摘むことで脇芽の促進になり花付きも良くなる


   伸びてくるツルは 一部は真上に伸ばしても ほとんどは


   横に誘引する


A 定期的な水分補給


   翌朝も葉がしおれたままの時は 必ず散水する


B 定期的な追肥


   葉の色が黄緑っぽくなって来た時や花径が小さくなって


   来たら肥料切れのサイン(肥料切れする前に追肥する)


   密植して育てている場合は特に 毎週の追肥が必要


   化成肥料は量の加減が難しいので油かすなどの


   有機肥料が無難です 追肥直後の散水も忘れずに


C 前日の花はシオレテみっともないので しおれた花びらは取   

   り去る


D 下葉の黄色くなり始めたモノは 早めに取り去る



とにかく 景観も考慮しながら状態をシッカリ観察して 


今なにを求めているのかを感じとって 適切に対応する事が


肝心なんです